命に感動! 酪農体験キャンプ

ワンパククラブの子どもたちは千葉県成田の牧場に行き、1泊2日の酪農体験をしました。観光牧場ではありません。牧場主が一人で約30頭の牛を育てている小さな牧場です。普段触れる事のない牛。最初は怖がりながらも餌やり・糞掃除・体についた汚れを落とすブラッシング・乳しぼりの体験。それだけれなく、聴診器を使い心音を聞いたり、牛の体温を測ることで牛の体温も確認しました。牛がどんなところで育てられ、牛乳や牛肉が市場に出るまでのことや「低温殺菌牛乳」の栄養について教わりました。そして、予想もしない出来事が!! 真夜中に子牛が生まれたのです。 予定より1か月も早く 生まれたので牧場主もびっくり! 朝目覚めた子どもたちは、生まれて数時間後の子牛を目の当たりにしてて「新しい命」を直に感じました。私たちは沢山の「命」をいただいて生きています。まさに命について考える時間となりました。

思いっきり砂浜で遊んだ1日

あそびむし探検隊の子どもたちは「砂浜の探検」に出かけました。広い砂浜でバケツで大きなプリンを作ったり、砂山の高さを競ったり、できあがった砂山にトンネルを掘りました。トンネルの中でお友達と手をつなぐことができた時には歓声が!そして、午後には 班全員で 協力をして1つの大きな砂の造形物を作ります。相談の結果、今回は大きなカメを作りました。何もない砂浜でみんなで協力し一生懸命作った作品です。潮の満ち引きも感じつつ、砂の特性を知り砂まみれになりながらたくさん遊びました。

ハゼ釣りにチャレンジ

ワンパククラブは「ハゼ釣りにチャレンジ」ということで、大田区昭和島近くの釣り場で釣り体験をしました。初めて釣りをする子もいます。講師から釣り方の説明を受け、早速釣りを始めます。餌となるアオイソメの姿におののきながらもなんとか釣り針に餌をつけるのも苦戦しています。時間がたつにつれだんだん慣れてきて「釣れた~!」という声があちこちから聞かれました。マハゼ、ウロハゼだけではなくチチブという魚も釣りました。結果参加者全員が何らかの魚を釣り上げて大満足です。魚を釣り上げ喜びだけではなく、ハゼの命。餌となるアオイソメの命を考え、私たちは色々な命をいただいているということを感じてもらいました。

「竹」についてたくさん知ることができました

9月13日 ワンパククラブの活動で「マイ竹箸つくりと流しそうめん」が開催されました。ご飯を食べる時に当たり前に使っている”お箸”を竹で作ってみよう。ということで、ナイフを使い竹を削り、サンドペーパーで磨き、自分だけの手作り竹箸を作成しました。みんな真剣そのもの。なぜならばそのお箸を使って、流しそうめんを食べるというのがこの後に待っているからです。使い慣れないナイフで竹を削っていきますが、大人から削り方を教わり少しずつ上手く削れるようになっていきました。出来上がった箸を手に楽しみにしていた流しそうめんです。そうめんが流れてくる「とい」も竹を半分に割ったものです。そうめんだけではなくきゅうりやちくわも流れてきて、必死になって食べ物をゲットする子どもたち。かなり必死でした。おなかが満たされた後は、竹細工の遊具(竹馬・竹ぽっくり・弓・けんだま・竹ボーウリングなど)で遊びました。竹は節があることや、中が空洞であること、縦にスパッと割れることや 割れたものはしなるので弓矢ができることなど、竹についてたくさんの事を学び、竹だけこんなに沢山の遊びができることも知りました。1日を通して「竹」にたくさん触れる活動をしました。

サマーキャンプ無事に終了しました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2020年夏。誰もが予想もしなかったコロナウイルス。当初の予定を大きく変更して、ワンパク大学のサマーキャンプを開催しました。自粛期間で中止となってしまった日帰り活動と、檜原村での川のキャンプ。伊豆大島でのキャンプ。御殿場の乗馬キャンプを経て、8月30日は親子デイキャンプを開催いたしました。大きなケガもなく無事に終了いたしました。コロナ禍の中で開催したことに参加者の保護者の方からお礼の言葉をいただくこともありました。子どもたちに夏の思い出を作ることができたことにスタッフ一同本当に嬉しく思います。ご参加いただきありがとうございました。

大島のキャンプ無事終了しました

大島チャレンジキャンプ(テント3泊)大島マリンキャンプ(民宿2泊)が無事に終了いたしました。天候にも海況にも恵まれ、みんな日焼けをして帰路につきました。テント泊野外炊事のチャレンジの子どもたちは不便な森の中での生活にすっかり慣れました。毎日大島の色々な海に出かけていくマリンキャンプもたくさんの魚を見ることができました。

磯で生き物をたっぷり見てきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

例年ですと、5月か6月に開催していた「磯」の生き物観察ですが、今年はコロナの影響で実施することができませんでした。そのため、8月5日。平日ですが、ちょうど干潮の時間がぴったりだったので、磯の生き物観察を開催しました。季節は変われども、磯の生き物たちは子どもたちの興味関心をマックスにしてくれます。少しでも生き物にダメージを与えない観察方法を実施しました。 みんな日焼けをして元気に帰宅しました。

湧き水の川で生き物探し

ワンパククラブの子どもたちも7月26日は落合川での活動でした。午前中は実際に水が湧いて出ているところを見たり、大きなタイやチューブに乗ったりしましたが、午後は川の生き物を探しました。草が生い茂る中に隠れている生き物を網で捕まえます。ザリガニ エビ 小さな魚も数種類見つけました。じっくりと観察をした後は、川に逃がしてあげました。水が湧き出ているきれいな川だからこそ見ることができる植物だったり、珍しい魚を見つけることができました。川クラブの方から説明をして頂き、きれいな川であり続けるためにどうしたらいいかも考える機会となりました。

楽しかった!川の探検

7月26日 あそびむし探検隊の活動は「川の探検」でした。東久留米市に流れる落合川は、川底から水が湧き出ていて夏でも冷たくてきれいな川です。途中で雨が降ってきたものの、すでにパンツまで濡れている子がほとんど。カッパを着て雨の中でも 気にすることなく、 思う存分に遊びました。人気はタイヤチューブ下り。 初めて川で遊んだという子もいました。川の流れがある事。 川の中を歩く時、上流に向かって歩くのと下流に向かって歩くのでは違うことも体で感じ取ってくれました。

7月の日帰り乗馬が開催されました

7月19日 ワンパククラブは御殿場のビッグマウンテンランチで乗馬体験を行いました。雨が予想されていましたが、ほとんど雨に当たることなく、馬に乗ることができました。今回初めて馬に乗る子も多く、乗馬を楽しむだけではなく、馬小屋の掃除も体験をして、馬とふれあう1日となりました。